FAVRICDYEING

ありふれたあのモノも、いつも手にするモノも、何気ないモノも。
視点を変えると驚きに溢れる作品となる。